北海道小学校理科研究会 会則

第1章  総  則

第1条  本会は、北海道小学校理科研究会といい、事務局を会長所在地に置く。

​第2条  本会は、北海道の理科教育の実態について共同で研究し、理科教育の振興に寄与することを目的とする。

第3条  本会は、前条の目的を達成するために次のことを行う。

     1.理科教育に必要な研究並びに調査

     2.理科教育に関する研究課題についての交流

     3.理科教育機関、研究団体との連絡提携

​     4.その他、本会の目的を達成するための必要事項

第2章  会  員

第4条  本会の会員は、北海道の理科教育に関係し本会の趣旨に賛同するものとする。

第5条  本会は、各地に支部を置くことができる。但し、支部の結成については会員の合意を必要とする。

第6条  本会に次の役員を置く

     ・会  長    1 名

     ・副 会 長    若干名

     ・顧  問    若干名

     ・事務局長    1 名

     ・会計監査    1 名

第7条  会長は前会長が推薦し総会研修会の承認を得る。他の役員及び事務局員は、会長がこれを委嘱する。

第8条  本会に顧問をおくことができる。顧問は会長が委嘱する。

第9条  役員の任務は、次の通りとする。

     1.会長は、この会を代表し、会の責任を負う

     2.副会長は会長を補佐し、会長が事故あるときはその代理をする

     3.会計監査は、会計を監査する

     4.事務局長は会長の指示に基づき、会務を処理する

第10条  本会の目的を達成するために事務局を置く。

     1.事務局に事務局長を置く

​     2.事務局次長は事務局長を補佐する

     3.事務局は次の5部とする

       庶務部  初会議の案内等庶務に関すること

       広報部  大会案内及び広報・会員の研修に関すること

       研究部  研究に関すること

       会計部  本会における金銭の出納に関すること

       組織部  本会の会員の入退、及び組織に関すること

     4.各部に部長1名、副部長若干名を置く。必要に応じて部員を置くことができる。

     5.部長は、部を統括し業務を推進する。

     6.会長は必要に応じて上記の部以外に部またはプロジェクト等の組織を置くことができる。

​第11条  役員及び事務局員の任期は1年とする。但し再任を妨げない。

第3章  会  議

第12条  本会の会議は次の通りとする。

     1.総会研修会

      総会研修会は、本会会員をもって構成し、会長がこれを招集する。

      総会研修会は毎年1回開催する。但し必要に応じて臨時に開催することができる。

      総会研修会に附属する事項は次の通りである。

      (1)会則の変更

      (2)会運営の大綱及び決算の承認

      (3)その他の事項

     

     2.役員研修会

      会長が招集し会の重要事項について審議する。この会は、会長・副会長・事務局長をもって構成し、

      必要に応じて事務局次長を招集する。

      ・総会研修会を開催することができない場合には、役員研修会の決議をもってこれに代えることができる。

     3.事務局研修会

      会長・副会長・事務局長・事務局次長をもって構成し、事務局長が参集する。なお次長・部長・副部長

      及び会計監査・会長が指名した会員も必要に応じて参加することができる。

第4章  会  計

第13条  本会の経費は、会員の納める会費及びその他の収入をもってこれにあてる。

​第14条  本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第5章  附  則

本会は昭和29年4月1日以降効力を発する。

平成3年9月11日以降効力を発する。

平成15年5月17日 会則の一部を改正。

平成24年4月21日 会則の一部を改正。

​令和3年4月10日  会則の一部を改正。